アルギニン

      2019/09/15

身長アップに有用な成分トップ1がアルギニンでしょう。
そもそもアルギニンは、
成長期のお子さんの年齢ですと、準必須アミノ酸の部類になり、体内で生成しにくいアミノ酸なので、食べて補う栄養素です。
成人になると、非必須アミノ酸になり、体内で作られます。
だから、成長期なら、アルギニンを含む食品を食べるようにしたいものです。

アルギニンと身長の関係

アルギニンは身長にどう影響するのでしょうか?
本当にアルギニンの作用はさまざまなので、今回は身長に関してのみ、記載いたします。
アルギニンは成長ホルモンの分泌に欠かせないアミノ酸なのです。
身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌をたくさん促す必要があります。
なにも、カルシウムをどんどん摂れば背が伸びるのか、と言うと、違います。
骨を伸ばすには、まず、成長ホルモンがどんどん分泌されないと、ダメなのです。
成長ホルモンが無くて、骨の栄養をいっぱい摂ったとしても、他に使われてしまいます。
骨を伸ばすために栄養が使われなくては、身長は伸びません。
その、成長ホルモンに、アルギニンは欠かせないのです。
ただし要注意です。

アルギニンは強酸性のため、そのまま大量に飲むと体内は悲鳴をあげます。一番多い副作用として胃を痛めてしまいます。
したがって通常クエン酸などで中和され、胃に影響が極力でないようにして販売されています。
http://www.catracking.com/arginine/←引用元

なるほど、だからDrsenobiru(ドクターセノビル)をはじめアルギニン系のドリンクは酸っぱいんですね。クエン酸は酸っぱいですから。そもそもドクターセノビルを飲んでも胃痛は起きませんのでご安心を。
同様に中和してるアルギニンがドクターセノビルと同等量摂れる→ドクターズチョイス HGH Pro

アルギニンを含む食品

アルギニンサプリメントで胃を痛めるという心配もない食品から摂るのが本来ベターでしょう。でも実感したいなら1日3000グラム程度アルギニンを摂る必要があり、食品から摂るのは現実厳しいです。
一般的に豆類、肉などアルギニン量は多めですが、そこまで摂れません。しかも、肉類は、高カロリーなので、食べ過ぎは良くないと思うわけです。
カロリー的な観点からみると豆類がオススメです。
しかし結構な量を必要とするため、アルギニンサプリをチョイスしてみてはいかがでしょう。
ちなみにこれは胃が痛くなりませんし、なんとプロ野球独立リーグの福島ホープス公式飲料として飲まれているサプリメントです。→Drsenobiru(ドクターセノビル)
福島ホープス公式サイト
安心して飲めますね。

アルギニンが注目される背景とは

栄養分は身長が伸びる大きな要素です。戦前の貧しい時代の日本は平均身長自体が低く、食生活が高タンパクな欧米人は昔から大きかったようです。

日本に平均身長も戦後から10センチほど高くなりました。食生活やストレスによる影響が高いのは誰が見ても明らかですね。

戦前戦後の劣悪な環境でストレスもたまりますし、栄養も足りていない状況、また、戦後以前の食生活を見るときに現代社会と明らかな差があります。

終戦直後の食糧難を乗り切ると厚生省は伝統的な日本型食生活よりも欧米流栄養学に基づく食生活こそ望ましいと考え、「栄養改善運動」に熱心に取り組んだ。ご飯に味噌汁、漬物という「貧しい」食生活ではなく、パン、肉類、牛乳、油料理、乳製品という欧米流の「進んだ」食生活が望ましいとして普及に全力をあげたのである。

参考→知って得する講座

そこで戦後から増えてづけている栄養素が以下にあると思われます。

肉に代表されるアルギニン、豊富なタンパク源、そう言った裕福な時代にたくさん摂れる栄養素が高身長をうみだしているのでしょうか・・・

 - 成長に有利な栄養分とは ,